植毛やAGA治療で薄毛を改善!|頭皮の砂漠化を防ぐ

男性ホルモンによる薄毛

髪の毛

中年男性に多くみられる薄毛の原因として最も多いのが男性ホルモンで、男性ホルモンによる薄毛のことをAGAと言います。男性ホルモンのテストステロンという成分が、頭皮にある5αリダクターゼという酵素と結合することによって、ジヒドロテストステロンというホルモンが発生します。このジヒドロテストステロンが毛乳頭に侵入すると、育毛サイクルを乱れさせて、髪の毛の成長を阻害します。ジヒドロテストステロンによって髪の毛が徐々に細くなっていって、最終的には抜け落ちてしまいます。また、ジヒドロテストステロンが頭皮に発生すると、皮脂の分泌を促進して毛穴の詰まりを引き起こします。このようなAGAの症状は名古屋などにある専門のクリニックに行くことで治療をすることが出来ますので、薄毛で悩んでいる方は名古屋などにあるクリニックに行きましょう。
AGA治療を行なっている名古屋などにあるクリニックで行われている治療方法として挙げられるのが、薬物療法です。プロペシアと呼ばれるAGA治療薬を服用することによって、ジヒドロテストステロンの発生を抑制することができます。プロペシアには5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害する効果のあるフィナステリドが含まれており、薄毛を引き起こす原因を防げます。また、プロペシアの他にも頭皮の血行を促進する効果のあるミノキシジルなども処方しており、併せて服用することによってより高い治療効果を得ることが出来ます。名古屋などにあるAGA治療クリニックでは、この他にも頭皮に直接栄養を送り込む注射などの治療も行なっています。