植毛やAGA治療で薄毛を改善!|頭皮の砂漠化を防ぐ

毛を植える

鏡を持つ女性

頭皮に毛髪を埋め込む外科手術のことを植毛と言い、多くの中年男性が抱えている薄毛の悩みを改善することができる方法の1つです。大阪などのクリニックで行なわれており人工毛を頭皮に植え込んでいくという方法と、自分の髪の毛を直接移植する方法の2つがあります。人工毛は一度で理想とするヘアスタイルに整える事が出来ますが、髪の毛が伸びることはありませんので定期的に病院に行ってメンテナンスをする必要があります。また、人工毛はナイロンやポリエステルなどで作られているため体の免疫機能が反応して抜けてしまったり、炎症や化膿を起こしたりすることがあります。大阪のクリニックには技術が高い医師が数多くいますので、そのようなクリニックを選ぶことによってこのようなリスクを軽減する事が出来ます。
自分の頭皮を移植する植毛の場合は、定着した場合は生涯にわたって生え続けますのでふさふさの髪の毛を取り戻すことが出来ます。この方法の大きなメリットとして挙げられるのが、再び髪の毛が生えたり伸びたりするので病院でメンテナンスを行なう必要が無いという点です。自分自身の髪の毛を移植するので、髪の毛の色や髪の毛の質なども残っている髪の毛と同じなので、自然な見た目に仕上がるというメリットも有ります。デメリットとして挙げられるのが、頭皮に定着させるまでに10ヶ月から1年ほどの期間がかかってしまうという点です。また、一度に移植できる量にも限界がありますので、薄毛が広範囲に渡っている場合は何度も植毛手術を行なう必要があります。それぞれのメリットデメリットが有りますので、大阪のクリニックで医師と話し合った上で自分の体や価値観に合う植毛手術を選択しましょう。定着する確率を高めるためには実績豊富で確かな技術を持つ医師に施術を行ってもらう必要がありますので、大阪などにある名医がいるクリニックを選びましょう。